記事一覧

民進党にとっての希望の党でしかない

 民進党が希望の党に合流するとの事。一体何なのかと思ってしまう。民進党も仮にも政権を担った事もある政党だ、選挙にただただ当選するための今回の行為は政党政治の自殺行為だ。「打倒安倍政権」のためだとは言っているが、だからと言って理念も政策も放ったらかして合流でいいのか。
 落選してでも守るべきものがある、そういう姿勢がなければ政治家は信用されない。落選したら地べたを這いずり回って捲土重来を期す事が政治家には求められるとおもうが、、。
 私も落選覚悟で、河村市長に対抗して市長選挙に出た事がある。当落よりも大切なものが政治家にはある。政治家はその矜持、誇り、理念、政策を無くしたらただのゴロツキだ。落選よりも怖いのは政治家として必要なものを失くしてしまうことではないのか。