記事一覧

石破茂先生来名

ファイル 378-1.jpgファイル 378-2.jpg

 水月会(石破派)のパーティーが名古屋で行われました。石破先生には私が市長選挙に立候補した時にも、当時の自民党幹事長として応援にお越しいただき、大変にお世話になりました。
 また先の東京都知事選挙で一躍時の人となられた若狭衆議院議員とも久しぶりにお話しができました。
 両先生、今後とも名古屋市をよろしくお願いします!

藤沢杯ソフトボール大会 ピッチャーデビュー

ファイル 377-1.jpgファイル 377-2.jpgファイル 377-3.jpg

気持ち良い秋空の下、第9回藤沢杯ソフトボール大会を開催しました。私も主力選手として(自分ではそう思っていますが…)出場しましたが、所属チームは予選リーグ敗退、私自身も3打数ノーヒットでした。
 今日は初めてピッチャーデビューもしましたが、1イニングを投げて被ホームランふたつ、5失点でした…
 でも楽しい一日でした。優勝の星崎南二チームさんおめでとうございます!
 役員や審判団のみなさん、お世話になりました。

河村市長の言葉 その重み

 名古屋城天守閣の木造化について、河村市長が議会の議決を経ない専決処分をするという発言をしています。発言当初はすぐにでも専決処分を行うとの事でしたが、現在は少しトーンダウンした感じになり、結局は11月議会の議決を求めるとしています。
 私は専決処分を行うかどうかではなく(それについても色々と思いはありますが)、市長の発言の変遷が問題だと考えています。
 市長の発言は大変重い。市長の一言で多くの職員が動くことになります。専決処分をすると言ってみたり、やめるような事を言ってみたり、その度に多くの職員が右往左往することになる。しっかりと自分の頭の中で考えて発言をすることがリーダーには求められます。軽々しい、思いつきの様な発言はいかがかと私は思います。
 専決処分するならする、「責任は俺がとる」と言えないくらいなら始めから言わない、もしくは心に決めて、しっかりと部下と相談してから発言すべきだ、私ならそうします。
 河村市長には市長の発言も、存在も重いものだとしっかり認識してほしです。

護国神社に参拝

ファイル 375-1.jpgファイル 375-2.jpg

 愛知県護国神社で行われている「みたま祭」と「戦中・戦後のくらし展」にいってきました。戦時中の暮らしやご遺族の悲しみの一端が分かる企画展でした。
 お天気もよく、気持ちの良い日でした。多くの参拝者がお越しになっていたので、御英霊の方々もよろこんでいらっしゃるかな。

地域イベントに参加しました

ファイル 374-1.jpgファイル 374-2.jpgファイル 374-3.jpg

 今日は朝から「第33回ふれあいまつり」「第16回趣味の作品展」「春日野学区ふれあいサロン」におじゃましてきました。
 どのイベントも地域の方々が準備をして、お手伝いをして、なおかつ主人公というものです。自分たちの住む街のためにできることをお手伝いする、素晴らしい事ですね!