記事一覧

朝鮮学校への補助金について~9月議会で質問へ~

 3月13日のこのフェイスブックでもお話ししましたが、名古屋市では名古屋朝鮮初級学校に毎年約800万円弱の補助金を交付していました。2月議会の自民党からの質問で、河村市長は今日の国際情勢(北朝鮮による核実験やミサイル実験)に鑑みて補助金の交付を執行停止すると答弁した。私は賛意を示して評価していました。
 しかし市長は一転、「人道支援」の立場から補助金交付を再開すると表明しました。
 北朝鮮はつい先日も核実験を行い国際社会から強い非難を浴びています。また全国にある朝鮮学校が北朝鮮本国と表裏一体である朝鮮総連の強い影響下にあることは周知の事実です。
 補助金の交付を再開するなら少なくとも朝鮮総連との関係の清算、特定のイデオロギーや個人崇拝に関わらない事が必要だと思います。拉致問題との関係も朝鮮総連は強いと言われています。そんな状況下で補助金交付を続けて良いものでしょうか!
 東京都や大阪市、横浜市など少なくない自治体は補助金交付を止めたり、停止をしています。
 この問題について14日水曜日午後1時頃(1時半頃にずれ込む事もあります)本会議で質問を行いますので、是非名古屋市議会にお越しください。どなたでも傍聴していただけます。

【藤沢ただまさ本会議質問】
 9月14日(水曜日)午後1時頃~(日程の都合で遅れる場合あり)
 みなさんのお越しをお待ちしております。

和歌山もよろしくね^_^ 日台交流サミットイン和歌山

ファイル 367-1.jpgファイル 367-2.jpgファイル 367-3.jpg

 日曜日、月曜日と和歌山市へ行ってきました。日本と台湾の友好のために組織された「日台交流サミット」、今年は和歌山市で全国大会があり参加してきました。台湾からも多くの方々の参加があり大変盛り上がりました。勉強会や交流会に出席するとともに和歌山ラーメンも堪能しました。ゆるキャラの吉宗君ともパチリ!
 中国だけでなく、民主主義国家で親日国である台湾との交流は日本にとって絶対に必要だと思います!!
 帰りには大阪市にも寄ってきましたが、その件はまた次回に。

北名古屋市との合併について

ファイル 366-1.jpgファイル 366-2.jpg

 今朝の新聞に名古屋市と北名古屋市との合併についての記事が載りました。
 先日来、北名古屋市議会の議員の方々とも懇談をするなどの意見交換をしてきましたし、私が議長の時には当時の北名古屋市の議長さんとも合併や広域連携についてお話を重ねてきました。
 本日行われた北名古屋市議会の質問も傍聴に行きました。永津市議の質問に長瀬市長も前向き(と言うより、やりましょう!)に応えておられました。
 これから名古屋市議会側も勉強や検証を重ね、行政とも連携してしっかり対応していきたいと考えています。私は現在「大都市制度・広域連携促進特別委員会」の委員長をつとめていますので、委員会でもこの問題を取り上げ議論をしたいと考えています。

男性インターンもよろしくね!

ファイル 365-1.jpgファイル 365-2.jpg

 先日インターン三人娘の紹介をさせていただきましたが、藤沢事務所は女性のインターンだけを受け入れている訳ではありません!(と思うけど・・・)という訳で今日はイケメンインターンの紹介をさせていただきます!!女性のみなさんお待たせいたしました!写真は加藤議長のお部屋で撮らせていただきました。

~本人のコメント~
 藤沢ただまさ事務所でインターンをさせていただいております。愛媛大学3回生の三浦利平と申します。
 大学は愛媛ですが、愛知県出身です。議員インターンを通して地域の方をはじめ様々な方にお会いし、いろいろなお話をお聞きしたい。政治を通して地域社会がどのように動いているか知りたい。そしてがむしゃらに成長したい。このように考えて議員インターンに参加させていただきました!
 1ヶ月という短い期間ではありますが、3人娘に負けないよう頑張ります!
どうぞよろしくお願いいたします。

護国神社に参拝 終戦の日に思う

ファイル 364-1.jpg

 今年も8月15日が巡ってきました。私の祖父は昭和19年9月30日に30歳でグァム島で戦死しています。お墓は祖父の生まれ故郷の高松にありますが、遺骨はもちろん遺品のひとつも戻ってきていません。つまり祖父の魂はお墓に眠っているのではありません。「靖国(神社)で会おう」の言葉とともに亡くなった方々の魂はやはり靖国にあると私は考えています。靖国神社まではなかなか行けないので、私は今日護国神社に参拝しました。
 先の戦争に対する考え方はそれぞれあると思いますが、亡くなった方々に対し「安らかにおねむりください。」「おかげさまで今の日本は素晴らしい国になりました。」との思いで参拝することは何の問題も無い、というより当然のことだと私は思います。
 祖父の遺骨はまだグァム島に眠ったままですが、グァム島から靖国神社を通して護国神社で祖父としばらくの間会えた、そんな気がしました。