エントリー

2011年01月27日の記事は以下のとおりです。

報酬を決める第三者検討会議始動

  • 2011/01/27 21:53

 市会議員はボランティアでやるべきなのか?
 報酬はいくらが適正といえるのか?
 河村前市長の登場とともに議論百出のこの問題だが、名古屋市議会では、第三者による検討会議を設置し、そこで議論、検討をして頂くように条例を改正しました。
 本日、そのための準備会がスタートしました。先ずは、有識者の方に集まって頂き、今後の会議の進め方などについて、アドバイスを頂きました。
 この検討会議は、無作為抽出により選ばれた市民5名、公募により選ばれた市民5名、学識経験者5名からなるメンバーで構成されます。そこで、議員の役割、仕事の内容、何にどのくらいの費用がかかるのかを知ってもらい、市民の目線で、そして有識者の考えもプラスしてもらい判断して頂こう、という主旨です。
 現在、報酬は2割カットをしていますが、改選後の報酬について判断して頂くものです。委員からは、「ボランティア化には危機感をおぼえる」「報酬削減は人気取りに繋がる」などの意見も出ていたが、本格的な議論は、市民メンバーも参加してからスタートする事になります。
 私は、この準備会のメンバーとして、有識者の選定や無作為抽出の方法、スケジュールなどに深く関わってきました。
 今後は、我々議員の手を離れますが、市民の皆さまにも納得して頂ける経過と結果になると信じています。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

ページ

  • ページが登録されていません。

Feed