エントリー

2014年04月17日の記事は以下のとおりです。

お隣の国、中国

  • 2014/04/17 12:00

先日、中国問題に詳しいノンフィクション作家の
河添恵子氏の講演を聞く機会がありました。
 氏曰く・・・
①中国とロシアはやりたい放題のやっかいな国である。
(国連の安保理の常任理事国として拒否権があるので制裁もできない)
②オバマ大統領はノーベル平和賞を受賞した事により各国に対して
(今までのアメリカのように)武力行使ができない。
中国、ロシアともそれを承知で行動している。
オバマ大統領の任期があと2年あり、その間にいろいろと勝負をかけてくる。
③東京オリンピックの前に大胆な行動を日本に対して行ってくる。
(在中国の企業などの接収や金融面での強硬策など)
④戦時徴用工裁判を受理し、訴訟で儲けようという考え方がある。
また裁判を通じて日本の悪口を言いたい放題言う。
などが氏の主な指摘でした。

 中国の傍若無人ぶりは今更述べるまでもありませんが
最近は特に激しさ(というかデタラメぶり)を増しています。
 日本と中国は隣国どうし、お互い引っ越す訳にもいかないので
どういうふうに付き合っていくかを慎重に見極めていく必要があります。
日中友好は大切だが・・・。
名古屋市も南京市とは姉妹都市ですが、中国側は一方的に
「 南京大虐殺30万人 」と声高に叫んでいます。
それでは本当の友好などできないと私は2年前に訪問し
南京市幹部に申し入れしたのですが、その後の河村市長発言以降の
展開は皆さんのご存じの通りです。
 お隣の中国とのお付き合いの仕方は
日本にとって重要な問題だと講演を聞いて再確認したところでした。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2014年04月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

過去ログ

ページ

  • ページが登録されていません。

Feed