エントリー

2014年07月02日の記事は以下のとおりです。

日本の進むべき道

  • 2014/07/02 14:51

 町内で近くの小川の清掃活動があった。各家庭から一人づつ出て行う。汗だくになるし、ゴミで臭うし、なかなか大変。できれば誰だってやりたくない。
 そんななか、あるおうちが「うちはそういうことはやりたくないし、ケガでもしたら困るのでお手伝いできません。その代わり金銭的には余裕があるので町内に寄付します」として清掃活動への参加を辞退した。高齢者だけの家庭とか小さな子がいて参加が難しいというわけではない。当然、町内会からは「お金で済まそうなんて・・・」とか「非常識だ」とかの声があがり、そのおうちの
立場は町内では悪くなってしまった。
 実はこの話は私の作り話しですが、今日まで日本がとってきた行動は清掃活動に参加しなかった家庭に似ていると私は思っています。
 世界の様々な地域で紛争が起こり、また独裁者がやりたい放題やっている。世界で協力して紛争解決に努力し、安全の確保のために国連軍の活動等も行われています。
 安倍総理が日本を守るためとして、集団的自衛権行使を閣議決定により可能としました。誰しも危険が伴うこと、辛いことはやりたくありません。しかし地域の平和を安定あるものにするためには仲間の国々とも協力して行動していくことが求められています。また日本の近隣には、地域の安定を軍事によって脅かしてまで、自国の利益を拡大しようとしている国が現に存在しています。そういった国に日本単独で対処する準備と気構えと能力があれば、それも問題解決の方法の一つかもしれません。しかし現実には日米同盟を基軸としてやっていくことが求められると思います。
 「 戦争する国に 」といういたずらに不安を煽る論調がありますが、冷静に考えて下さい。今日の状況下にある日本と国民をこれからも守るためには何が必要か、そしてアジアのリーダーとして、経済的な部分以外に何を果たすべきか。
 町内会での役割を果たさず、お金だけで解決しようとする家庭ではいけないのです。仲間と力を合わせてこそ、手を出そうとする者から身を守ることができるし、仲間が助けを求めても手伝うことをしない人間には誰も手を貸してくれなくなってしまいます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2014年07月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

過去ログ

ページ

  • ページが登録されていません。

Feed