エントリー

2019年10月07日の記事は以下のとおりです。

愛知トリエンナーレ「表現の不自由展 その後」のその後

  • 2019/10/07 12:47

 私が九月に本会議質問をした愛知トリエンナーレ「表現の不自由展 その後」について、大村愛知県知事が再開を目指しているとの事。
 トリエンナーレ実行委員会のメンバーである名古屋市は私の本会議質問及びその後の委員会審議において、再開には問題があること、また再開されても本年度分の補助金(約3300万円)は支払わないこと、を明言している。自民党県議団も再開には賛成できない旨表明している。
 そもそも慰安婦像や昭和天皇の写真を焼きそれを踏みつける、特攻隊で亡くなった方の墓を「ばかな日本人の墓」とする展示が芸術とはとてもいえません。どうみても政治的なものだ。芸術でなければトリエンナーレで展示することはできず、表現の自由以前の問題だ。
 また、税金を使うには市民の理解が不可欠だが、これらの展示が多数の市民の理解を得られるとも思えない。
さらに言えば、表現の自由とは何を言っても、何をやっても自由という事でもない。当然のことだ。
 どう考えても再開すべきではないというのが私の考えです。知事さん、今からでも遅くない、再開は中止すべきと思いますよ。

 本会議の質問是非ご覧ください!9月13日です。

  ※名古屋市会本会議中継を検索

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

ページ

  • ページが登録されていません。

Feed