エントリー

拉致被害者へのおもい~本会議質問をして~

  • 2016/09/17 16:44

ファイル 369-1.jpgファイル 369-2.jpg

 前回の投稿で朝鮮学校への補助金交付について本会議質問をする事をお知らせしました。私の質問に対し、市長は今後も朝鮮学校への補助金交付を人道支援として続けると答弁しました。残念です。 しかし、朝鮮総連との関係については調査する事を、またどんぶり勘定の査定についても検討していくこと、金額についても検討していくことの答弁を引き出しました。しっかりと私も推移を確認していきたいと思います。
 今日、東京で「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」に参加しました。
 拉致被害者の曽我ひとみさん、横田早紀江さんらご家族の方々、安倍首相ら政治家、思いを共にする多くの方々が参加されていました。補助金交付には色々な考え方があるとは思いますが、私は名古屋市議として補助金交付を止めることができず申し訳ない気持ち、いたたまれない気持ちになりました。
 河村市長や名古屋市の役人は、拉致被害者本人や家族の前でも「北朝鮮本国や朝鮮総連と関係のある朝鮮学校に補助金を交付することが正義です、立派な人道支援です。」と言えるのだろうか?人道支援といえば言葉の響きは良いが、拉致被害者のみなさんは今も日本から助けが来る事を一日千秋の思いで待っている。本当に手を差し伸べなければならないのは今も北朝鮮にいる拉致被害者の方々だ、と私は考えます。

 質問の様子は下記のサイトからご覧頂けます。傍聴におこし下さった方も、そうでない方も改めて見て頂ければと思います。
 http://www.nagoya-city.stream.jfit.co.jp/
https://www.youtube.com/watch?v=dNdnJEdMJSM&t=10s

ページ移動

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

ページ

  • ページが登録されていません。

Feed