エントリー

朝鮮学校に対する授業料無償化について

  • 2010/11/23 17:05

 民主党の政策の一つである「高校授業料無償化」で、朝鮮学校に対して文部科学省が求めていた「教科書内容改訂」と「経営透明化」を、朝鮮総連側が「断固拒否する」との見通しを示した。
 以前にも述べたが、日本の税金が投入される事になるのに「金正日体制の礼讃」が朝鮮学校で使う教科書に記載されている事は、どう考えても辻褄があわない。私は、拉致問題の観点から考えても、また、現在の北朝鮮の国際的な立場から考えても、朝鮮学校を対象とする事に反対してきた。
 しかし、今回は少し逆説的になるが、ある意味で朝鮮学校=北朝鮮側の態度は立派というと言いすぎだが、国際的に見れば当然の事でもあろう。
 歴史教育をはじめとする教育内容や外交方針、内政の様々な問題は、本来主権国家なら責任をもってその国が決定する事であり、他国からとやかく言われる筋の事ではない。他国からの干渉に対して、右往左往しているのは日本ぐらいで、最近の対中、対ロの外交もしかりである。そういった意味で、朝鮮総連側の今回の対応はある意味当然の事である。
 今後、民主党政権がどう対応するのか、それでも税投入を実施するのか、ボールは日本側に返された。

ページ移動

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

ページ

  • ページが登録されていません。

Feed